旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

永瀬正敏、主演作『赤い雪 Red Snow』の脚本を絶賛「ひかれまくりました」

2019年01月09日18時15分 / 提供:ぴあ映画生活

マラケシュ国際映画祭のコンペティション部門に正式招待された『赤い雪 Red Snow』の完成披露試写会が1月7日、都内で行われ、ダブル主演の永瀬正敏と菜葉菜、共演する井浦新、本作で長編デビューを飾る甲斐さやか監督が出席した。

白川一希(永瀬)の弟の失踪から30年後、事件の真相を追う記者・木立(井浦)が、少年誘拐の容疑者と疑われた女の一人娘・江頭小百合(菜葉菜)を見つけたことをきっかけに、それぞれの運命の歯車が動き出していく。甲斐監督が、実話を基にオリジナル脚本を執筆したミステリーサスペンス。夏川結衣、佐藤浩市ら豪華キャストが名を連ねる。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

映画カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る