旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「人間の怖さが詰まった作品」岡田准一と松たか子が語る映画『来る』

2018年12月11日14時15分 / 提供:ぴあ映画生活

『嫌われ松子の一生』『告白』の中島哲也監督最新作『来る』で初共演を果たした岡田准一と松たか子。CM界の鬼才が作り出した独特の世界観の中で、それぞれに強烈な存在感を放っているふたりは、どのような思いで互いを見ていたのか? 話を聞いた。

一見、幸せそうに見える一家が正体不明の“何か”に取り憑かれていくさまを描く本作。岡田は一家の父親(妻夫木聡)に依頼され、その何かの正体を追うオカルトライターの野崎を、松はその何かを祓うためにやってくる日本最強の霊媒師・琴子を演じている。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

映画カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る