旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

シーズン2でも再び当たり役に。吉田羊が語る日本版『コールドケース』の魅力

2018年10月15日17時15分 / 提供:ぴあ映画生活

未解決事件の真相を追う刑事たちの奮闘を描き、世界中で大ヒットした海外ドラマ『コールドケース』を、WOWOWが日本版としてリメイク。良質なミステリードラマの正当なリメイクとして好評を博したシーズン1に続き、シーズン2でも主人公の敏腕刑事・石川百合を演じる吉田羊に、役柄や作品の魅力について話を聞いた。

神奈川県警捜査一課に所属し、個性的な同僚たちともども捜査にあたる石川百合。洞察力と観察眼に優れたチームリーダーでもある百合は、吉田にとって「息のできる役」だという。「これは私自身なのか、百合なのか。その境目が分からなくなる瞬間が何度もあるくらい、本来の自分にリンクしている役です。百合さんには幼い頃のトラウマがあり、どこか絶対的な孤独を抱えている。人間は最終的にはみんな孤独で、本当の意味で分かり合えるはずなどないと思っているんです。でも、孤独だからこそ、寄り添うことはできるというのが彼女の考え方。その考え方に深く共感できる私は、きっと百合さんに近いのだと思います」

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

映画カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る