旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「映画表現がうらやましい!」原作者・木城ゆきと絶賛『アリータ:バトル・エンジェル』最新アリータ画像

2018年08月14日11時15分 / 提供:ぴあ映画生活

世界15の国と地域で翻訳された、木原ゆきと原作漫画『銃夢』が、巨匠ジェームズ・キャメロン製作・脚本で『アリータ:バトル・エンジェル』としてついに映画化。主人公・アリータの新着画像と、木城そしてキャメロンからのコメントが到着した。

舞台は、支配する者と支配される者の二重世界で構成された未来。サイバー医師のイドは、瓦礫の中から人形の頭部を見つける。そこには生身のままの脳があり、イドは新しい機械の体を与えて蘇らせることに。アリータと名付けられたサイボーグの少女は、イドや友達に見守れながら成長。しかし、ふとしたきっかけで自分が300年前に失われた技術で造られた、最強の兵器だということに気づいて……。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

映画カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る