旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

【アート】美術が社会に果たす役割を問う、 森美術館15周年記念展『カタストロフと美術のちから展』

2018年08月13日17時15分 / 提供:ぴあ映画生活

東京六本木の森美術館では10月6日(土)から2019年1月20日(日)まで、六本木ヒルズ・森美術館 15周年を記念した『カタストロフと美術のちから展』を開催する。

2003年の開館記念展では「幸福」をテーマにした「ハピネス」展、10周年には「愛」に注目した「LOVE」展を開催してきた森美術館。そして、15周年を迎える今回のテーマは「カタストロフ(大惨事)」。さまざまな問題が山積する 今日の国際社会において、美術が果たす役割についてあらためて問い直す。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

映画カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る