旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

スタジオに仮想空間を作る『マンダロリアン』の製作手法をジョージ・ルーカスが賞賛 撮影の裏側が明らかに

2020年10月29日07時00分 / 提供:ぴあニュース

賞金稼ぎ“マンダロリアン”を主人公に、不思議な力を秘めた子供“ザ・チャイルド”との危険な冒険を描く『スター・ウォーズ』初の実写ドラマシリーズ『マンダロリアン』のシーズン2が、ディズニー公式動画配信サービス「Disney+(ディズニープラス)で、10月30日(金)に配信開始される。この度、本作の世界観を生む撮影の裏側が明らかとなった。

名匠ジョージ・ルーカスが生み出した『スター・ウォーズ エピソード 5/帝国の逆襲』『スター・ウォーズ エピソード 6/ジェダイの帰還』に登場した人気キャラクターのボバ・フェットに続く新たな賞金稼ぎを主人公とした本シリーズ。物語の舞台は『スター・ウォーズ エピソード 6/ジェダイの帰還』の5年後の世界だ。帝国軍の残党や無法者がのさばり混沌とした世界で、一匹狼の賞金稼ぎのマンダロリアンが、不思議な力を秘めた独りぼっちの子供ザ・チャイルドを守りながら、危険な敵と戦い、度重なる苦難を乗り越えていく。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

映画カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る