旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

カメラは“女優”を見つめ続ける。深田晃司監督が語る『よこがお』

2019年07月31日07時00分 / 提供:ぴあニュース

『淵に立つ』『海を駆ける』の深田晃司監督の新作映画『よこがお』が公開されている。本作で深田監督は『淵に立つ』にも出演した筒井真理子を主演に迎え、彼女が主人公を演じることを想定して脚本を執筆した。映画史には魅力と実力を兼ね備えた女優を中心に据えた“女優の劇”と呼びたくなる作品群が存在するが、本作もひとりの女優、その女優が演じる女性の変化を見つめ続ける作品になった。

映画史にはしばしば、そのタイトルと女優が結びつけて語られることがある。深田監督は「女優のために捧げられた映画というのはありますよね。高峰秀子さんの『放浪記』もそうかもしれないですし、田中絹代さんの『西鶴一代女』もそうですけど、女優を撮り続ける映画はいつか自分もつくりたいなとは思っていました」と振り返る。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

映画カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る