旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「ピクサーは変化の時期に来ている」 プロデューサーが語る『トイ・ストーリー4』

2019年07月10日12時30分 / 提供:ぴあニュース

ディズニー/ピクサーの新作映画『トイ・ストーリー4』が今週末から公開になる。本シリーズはピクサーが最初に手がけた長編アニメーションからはじまっており、シリーズの歴史はピクサーの歴史そのものと言っていい。では、待望の4作目は一体、どうなるのか? プロデューサーを務めたマーク・ニールセンは「ピクサーは変化の時期に来ている」という。

ピクサー最初の、いや世界で最初の長編フルCGアニメーション映画『トイ・ストーリー』は、スティーヴ・ジョブズが資金を投じていた小さなスタジオ、ピクサーが長い時間をかけて試行錯誤の末に完成させ、1995年に公開された。結果的に映画は驚異的なヒットを記録するも、その続編は紆余曲折があり、制作時間がない中でスタジオが一丸となって完成させ、前作を上回るヒットを飛ばした。そして3作目は“トリロジー”を締めくくる内容で、多くの観客が最高の結末を迎えたと感じたはずだ。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

映画カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る