旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

二宮和也「“ただただ帰ることを想って、行ってきます。”」 『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』瀬々敬久監督で映画化決定

2021年10月18日13時30分 / 提供:ぴあニュース

辺見じゅん著『収容所(ラーゲリ)から来た遺書』が、主演・二宮和也、監督・瀬々敬久のタッグで映画化されることが決定した。

第二次世界大戦終了後、60万人を超える日本人がシベリアの強制収容所(ラーゲリ)に不当に抑留され捕虜となった。あまりにも残酷な日々に誰もが絶望する状況下においても、ただ一人、生きることへの希望を捨てなかった人物が山本幡男。収容所での劣悪な環境により栄養失調で死に逝く者や自ら命を絶つ者、さらには日本人捕虜同士の諍いも絶えない中、「どんなに辛いことがあっても、生きて帰るという希望を持ち続ける事が大切なんだ」と生きることへの希望を強く唱え続け、仲間たちを励まし続けた。自身も強制収容所に身を置き、わずかな食糧で1日10時間を超える過酷な労働を強いられていたが、仲間想いの行動とその力強い信念で多くの捕虜たちの心に希望の火を灯したという。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

映画カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る