旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

クリント・イーストウッド監督最新作『リチャード・ジュエル』が描く、われわれの身近に存在する恐怖

2020年01月17日00時00分 / 提供:ぴあニュース

『アメリカン・スナイパー』『ハドソン川の奇跡』『15時17分、パリ行き』など、近年、フィクション作品とともに、実話を基にした映画作品を多く手がけている、巨匠クリント・イーストウッド監督。今回の題材は、1996年にアメリカのアトランタで実際に起きた爆弾事件にまつわる出来事だ。

警備員リチャード・ジュエルは、公園で不審なバッグを発見。その中にはパイプ爆弾が仕掛けられていた。事件を未然に防いだことで、ジュエルは英雄として扱われる……かと思いきや、地元の新聞やTV局は、彼を実名で報道し、英雄どころか、あたかも犯人であるかのように伝えた。報道はさらにエスカレートし、ジュエルは人格攻撃の的にすらなってゆく。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

関連記事

映画カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る