旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

“孤独すぎる男”に寄り添った山田孝之、もがき苦しみながらも必死に生きる人々への思い語る

2021年06月05日09時11分 / 提供:ムビコレ

役に寄り添い、歩み寄り、役として生きる
山田孝之主演の映画『はるヲうるひと』が6月4日より公開。俳優の佐藤二朗が主宰する演劇ユニット「ちからわざ」で2009年、2014年に公演した同名舞台を映画化。佐藤自ら映画用に新たに脚本を書き、監督と出演も果たす意欲作だ。ムビコレでは佐藤、主演の山田、妹役の仲里依紗、それぞれにインタビューを敢行した。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

映画カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る