旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

シンガポール航空のクリスフライヤーとPPSクラブ上級資格、買い物やポイント交換でも獲得可能に 期間限定で

2021年04月12日08時38分 / 提供:TRAICY(トライシー)

シンガポール航空は、クリスフライヤーとPPSクラブの上級会員資格の達成に必要なステータスクレジットを獲得できるようにする。 4月7日から2022年2月28日まで、買い物やパートナーのポイントのマイルへの交換で獲得したステータスクレジットをもとに、2022年3月から2023年2月までのPPSクラブ、クリスフライヤー上級会員の更新やアップグレードをできるようにする。 現在のクリスフライヤー会員は、クリスフライヤーエリートシルバー・ゴールド会員へのアップグレード、クリスフライヤーエリートシルバー会員は会員資格の更新かクリスフライヤーエリートゴールドへのアップグレード、PPSクラブ会員は会員資格の更新かソリティアPPSクラブへのアップグレードができる。クリスフライヤーエリートゴールド会員とソリティアPPSクラブ会員は会員資格の更新のみ可能となる。 また、4月7日から21日までの期間限定で、PPSクラブとクリスフライヤーの上級会員を対象に、KrisShop、KrisFlyer Spree、Kris +の利用で、2倍のステータスクレジットを獲得できるプロモーションを実施する。 KrisShopとKris +の利用では、1シンガポールドルあたり1PPSもしくは3エリートマイルを獲得できる。三井住友銀行やアメリカン・エキスプレスなどグローバルな銀行パートナーや提携カード、航空以外のパートナーからのポイント交換では、10クリスペイマイルあたり1PPSもしくは5クリスペイマイルあたり1エリートマイルが獲得できる。 クリスフライヤー・エリートシルバー会員は25,000エリートマイル、スターアライアンスゴールド会員資格を含むクリスフライヤー・エリートゴールド会員は50,000エリートマイルの獲得で到達できる。例えば、マリオット・ボンヴォイのポイントの場合、600,000ポイントを交換することで、搭乗しなくてもクリスフライヤー・エリートゴールド会員資格を獲得できる。なお、2020年3月から2021年2月までに会員資格が切れる場合、12ヶ月間資格を延長することをすでに決めている。 ⇒詳細はこちら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る