旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

アメリカン航空、米財務省の融資を全額返済

2021年03月25日08時24分 / 提供:TRAICY(トライシー)

アメリカン航空は、アメリカ財務省からの担保付融資の返済を完了した。ロイヤリティプログラムのAAdvantage(アドバンテージ)を担保として調達した100億米ドルの一部を充当した。 新型コロナウイルスの感染拡大に対応するため、アメリカ財務省はCARES(Coronavirus Aid, Relief, and Economic Security)法で、アメリカの航空会社に対する250億米ドルの担保付融資制度を設立していた。アメリカン航空には5年間、75億米ドルの貸付枠を設定していた。 アメリカン航空は、2020年9月に5億5,000万米ドルを借り入れ、融資条件に基づき、アメリカン航空の株式4,396,483株を1株あたり12.51米ドルで購入できる新株予約権を発行していた。 アメリカン航空のダグ・パーカー会長兼CEOは、「今回の繰り上げ返済は、CARES法の重要性を示す輝かしい例です。CARES法が成立した1年前、我々の業界は閉鎖の危機に瀕していました。航空会社向けの250億ドルの担保付き融資プログラムを含むこの重要な法律は、我々のリーダーが経済が直面している課題を理解していることを示し、彼らの迅速な行動が我々の業界を安定させ、労働力を維持しました。アメリカン航空は、2020年の不確実性が高い時期に、AAdvantageプログラムに対して75億ドルを借り入れることはできませんでしたが、CARES法が橋渡しとなり、今月初めに公開市場で100億ドルを効率的に調達することができました。超党派の支援がなければ、今日のような状況にはならなかったでしょうし、これは決して当たり前のことではありません。私たちは、国の交通需要を安全に満たし続ける責任があることを認識しており、今回の融資で納税者にしっかりとした還元が提供できたことを嬉しく思います。私たちは、世界中の仲間や隣人たちが空に戻ることで、経済の再開をサポートできることを楽しみにしています。」とコメントした。 ⇒詳細はこちら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る