旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

産交バスなど熊本のバス5社、4月1日から共同経営 独禁法特例第1号

2021年03月23日12時30分 / 提供:TRAICY(トライシー)

国土交通省は、熊本地域のバス5社による共同経営協定の認可を行った。独占禁止法特例法に基づく初の認可で、共同経営による運行は4月1日から始まる予定。 九州産交バス、産交バス、熊本電気鉄道熊本バス、熊本都市バスの5社は、熊本地域で共同経営を行い、4方面のバス路線を対象に、運行主体や運行便数を見直し、運行の効率化を図る。また、ダイヤを調整し待ち時間の平準化も図る。 植木山鹿方面の「旧3号線方面の最適化」、川尻松橋方面の「川尻市道方面の最適化」、長嶺方面の「産業道路・国体道路方面の最適化」、楠・大津方面の「旧57号線方面の最適化」を行うとしている。 4月1日から、熊本地域の共同運営に基づく運行を開始する。すでに4月からの時刻表の公開を行っており、運行が変更になる路線の定期券の取り扱いも発表している。 ⇒詳細はこちら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る