旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

JALは機内オーディオ4月終了、ANAも縮小 Wi-Fiコンテンツに注力

2021年03月08日11時35分 / 提供:TRAICY(トライシー)

日本航空(JAL)は、長年提供していた機内オーディオプログラムの提供を、3月末で事実上終了することを決めた全日本空輸(ANA)も、4月からJ-POPのプログラムなどを終了し、機内オーディオのコンテンツを縮小することを決めている。両社は、Wi-Fi接続した乗客のスマートフォンで楽しめるビデオコンテンツに注力するとみられる。 JALやJALグループの日本トランスオーシャン航空(JTA)は、機内オーディオプログラムの終了を明らかにしている。落語などの演芸を提供していた「JAL 名人会」や、JTAオリジナルのオーディオプログラム「沖縄POPS」と「島唄」は、機内Wi-Fiに接続した乗客のスマートフォンなどで提供する。 JALグループ各社は、機内でのイヤホンの配布を原則終了する。個人用画面でのサービスを提供する国内線機材のボーイング787-8型機やエアバスA350-900型機では、イヤホンの配布を継続する。JTAは、ヘッドホンの貸出も終了し、座席上部のモニターで放映しているビデオプログラムは、4月1日以降、音声が無い映像のみ放映する。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る