旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

世界貿易センタービルの展望台、50年の歴史に幕 31日最終営業

2021年01月30日21時33分 / 提供:TRAICY(トライシー)

東京浜松町の世界貿易センタービルディング展望台「シーサイドトップ」が、1月31日をもって営業を終了する。東京タワーなど都心の夜景が印象的な展望台は、1970年のビル完成以来、約50年の歴史に幕を下ろす。 展望台「シーサイドトップ」は、40階、地上152メートルに位置している。東京のダイナミックな景観を楽しむことができる。東京タワー近くに位置し、タワーと合わせた夜景はよく知られている。 世界貿易センタービルを含めた「浜松町二丁目4地区」の都市計画により、同ビルは建て替えが決まっている。展望台も建て替え準備のため、営業を終了する。すでにビル内の多くのテナントが閉店している。 緊急事態宣言発出後は、営業時間を短縮し、来場者の検温など感染対策を行いながら営業を続けていた。現在の営業時間は午前10時から午後8時。入場料金は大人620円。展望台エリアの滞在人数が概ね100人以上の場合、入場制限を行うとしている。 ⇒詳細はこちら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る