旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ANA、2021年度国内線事業計画を発表 高需要路線中心に再編、大型機使用を前年比5割減

2021年01月19日18時05分 / 提供:TRAICY(トライシー)

全日本空輸(ANA)は、2021年度の国内線航空輸送事業計画を発表した。 大型機の使用割合を2020年度比で5割削減し、小型機を3割増加するなど、運航費用を抑制するほか、高需要路線を中心にネットワークを再編する。 東京/成田〜伊丹線と大阪/関西〜女満別福岡線を通年で運休する。東京/羽田〜大阪/関西線と大阪/伊丹札幌/千歳線は1日6便から5便に通年減便する。 東京/羽田〜岡山線と大阪/伊丹福岡線、大阪/関西〜札幌/千歳沖縄/那覇線はいずれも期間減便する。名古屋/中部〜旭川女満別線、静岡札幌/千歳沖縄/那覇線、岡山札幌/千歳線、長崎沖縄/那覇線は期間運航化する。 また、発着枠コンテストで獲得した東京/羽田〜大館能代線を1日2便から3便に増便する。東京/羽田〜沖縄/那覇・宮古線と大阪/伊丹仙台長崎沖縄/那覇線、名古屋/中部〜札幌/千歳沖縄/那覇線を通年で増便する。 東京/羽田〜旭川線と大阪/伊丹石垣線、大阪/関西〜札幌/千歳・宮古線、福岡札幌/千歳沖縄/那覇線の6路線を、ゴールデンウィークや夏休みなどの高需要期に期間増便する。 ⇒詳細はこちら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る