旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

世界の航空便運航便数は21年前の水準、A380はレジャー市場の需要支える シリウム調査

2021年01月01日18時11分 / 提供:TRAICY(トライシー)

航空調査会社のシリウムは、2020年の航空便の運航便数が21年前の1999年の水準にまで低下したことを明らかにした。 2020年に航空会社が運航したフライト数は、前年比49%減となる1,680万便だった。世界で最も多くのフライトを運航したのはサウスウエスト航空だった。地域別では、アジア太平洋では中国南方航空、ヨーロッパではライアンエアー、中南米ではアズール・ブラジル航空、中東・アフリカではカタール航空が最も多くのフライトを運航した。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る