旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

一二三航空、上海/虹橋〜北京/首都線で運航開始 ARJ21型機を導入

2020年12月30日14時30分 / 提供:TRAICY(トライシー)

中国東方航空子会社の一二三航空(OTTエアラインズ)は12月28日、上海/虹橋〜北京/首都線で運航を開始した。 「2-2」配列で18列90席を配置した、中国国産旅客機のARJ21-700型機で運航する。2021年3月にかけて、上海から南昌、合肥、温州への路線を開設することを予定している。便名は、中国東方航空のMUを使用している。 一二三航空は、中国本土での自国開発のジェット旅客機による優れた飛行体験を提供することを目的として、中国東方航空が2月に設立していた。現在、ART21-700型機を3機保有しており、2021年に6機、2022年に8機を受領する予定。2025年までに35機体制となる。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る