旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

JAL、羽田空港国内線チェックインカウンター刷新完了  「JAL SMART AIRPORT」本格展開

2020年12月25日13時16分 / 提供:TRAICY(トライシー)

日本航空(JAL)は、羽田空港の国内線チェックインカウンターを全面刷新し、「JAL SMART AIRPORT」の展開を本格的に開始した。 JALは展開にあたり、(1)スムーズにご移動いただけること、(2)落ち着いてお手続きいただけること、(3)お手続き方法の選択肢が豊富であること、(4)ニーズに合わせたサポートがあること、(5)「旅全体」へサポートがあることの5つのコンセプトを設定し、新型自動チェックイン機、自動手荷物預け機、新型搭乗ゲートを導入した。当初、羽田空港では今夏の全面刷新を予定していた。 預け入れ手荷物がなく、二次元バーコードやICカードを持つ場合には保安検査場に直行できる。荷物を預け入れる場合には、自動チェックイン機で手荷物タグを発行し、自動手荷物預け機で預け入れることができる。大型荷物の預け入れは「Special Baggageカウンター」で受け付ける。 旧JALスマイルサポートカウンターは「Special Assistanceカウンター」としたほか、JALグローバルクラブ(JGC)カウンターも個室化し、保安検査場一体型のチェックインカウンターとしてリニューアルしている。 2021年夏には新千歳空港、2021年冬には伊丹空港那覇空港、2022年春には福岡空港でそれぞれ展開を予定している。 ⇒詳細はこちら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る