旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ANA、国際線運航計画を変更 成田〜杭州線再開、マニラ・バンコク・ムンバイ線で再開や増便

2020年12月23日15時13分 / 提供:TRAICY(トライシー)

全日本空輸(ANA)は、国際線の運航計画を変更し、中国や東南アジアの一部路線で運航を再開、増便する。 東京/羽田発マニラ行きを1月4日から月曜の週1便、東京/成田〜杭州線を1月14日から木曜の週1便で運航を再開する。いずれも航空券は12月23日午後3時より販売を開始した。中国大陸への路線は5路線に拡大する。 インド政府のエアトラベルバブルに基づき、東京/成田〜ムンバイ線では、1月9日と16日の東京/成田発、1月10日と17日のムンバイ発の2往復、臨時便を設定する。航空券は12月24日午後3時より販売を再開する。 2月1日(現地発翌日)からは、東京/成田〜バンコク線の運航を1日1便で再開する。航空券は12月24日午後3時より販売を再開する。東京/羽田発バンコク行きも増便し、NH847便を水曜を除く週6便運航する。いずれも日本発は、タイ政府の認可によるセミ・コマーシャル・フライトとなる。 これによる増便は5路線の72便で、1月と2月の減便率はそれぞれ83%となった。 ■ダイヤ NH929 東京/成田(12:10)〜杭州(15:00)/木 NH930 杭州(16:30)〜東京/成田(20:30)/木 ⇒詳細はこちら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る