旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

Yahoo!トラベル、「旅行キャンセル保険」と「フライト遅延保険」の提供開始 ”気が変わってキャンセル”も補償

2020年12月16日16時39分 / 提供:TRAICY(トライシー)

ヤフーと損害保険ジャパンは、Mysuranceは、旅行予約サイト「Yahoo!トラベル」で販売しているダイナミックパッケージ「ヤフーパック」で「旅行キャンセル保険」と「フライト遅延保険」の提供を開始した。 「旅行キャンセル保険」は、従来の保険のように指定されたキャンセル事由の範囲内でけでなく、「単に旅行に行く意思がなくなった」等の心変わりや、同日程で複数のプランを予約し、一部のプランをキャンセルするなどの事由についても偶発的な事由として補償する。 入院や通院、死亡、交通機関の2時間以上の遅延、業務命令による宿泊を伴う出張や休日勤務、気象庁の特別警報、家屋の罹災、裁判員選任などでは100%、交通事故や第三者の葬儀への参列、妊娠、免許取消・停止、飼い犬・猫の死亡などでは50%、その他の偶発的事由では30%のキャンセル料を補償する。 「フライト遅延保険」は、従来は旅行保険のオプション等として最低4時間以上など長時間の航空機遅延や欠航が発生した場合、事後的に保険金を支払う旅行保険として販売されているものの、独立した保険として加入でき、2時間以上もしくは4時間以上の遅延または欠航情報の発表があったことにより発生した食事代や宿泊代などの費用を定額で補償する。 航空機の出発時間からさかのぼって24時間以内に、初めて2時間以上もしくは4時間以上の遅延か欠航情報が発表され、かつ被保険者が費用を支出した場合に、2時間以上の遅延では3,000円、4時間以上の遅延や欠航では10,000円を航空券の枚数分支払う。 往路と復路は別のフライトとしてカウントされるものの、乗継便がある場合には離陸空港から最終着陸空港までを1つのフライトとしてカウントする。 保険料は、旅行人数2名、2泊3日、旅行料金100,000円の予約の場合、「旅行キャンセル保険」は2,460円、「フライト遅延保険」は1,600円となる。いずれもPayPay残高かクレジットカードで支払うことで加入できる。 ⇒詳細はこちら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る