旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

西武バス・東武バス、12月に燃料電池バスを導入 埼玉県初

2020年11月23日12時35分 / 提供:TRAICY(トライシー)

西武バス東武バスは、埼玉県内のバス路線に燃料電池バスを導入する。 このバスは、水素と大気中の酸素の化学反応によって発生したエネルギーを元に、エンジンモーターを駆動させ、動力とする車両で、走行時に二酸化炭素などの環境負荷物質を排出しないという特長がある。また、従来のバスと比べ、走行音も静かであるため、騒音等の都市環境の改善にも有効だとしている。 導入車両数は各社1両ずつで、導入路線は、西武バス所沢営業所の所52(所沢駅東口~東所沢駅志木駅南口)・所55系統(所沢駅東口~安松~東所沢駅)、東武バスが新座営業事務所の鶴02系統(鶴瀬駅東口~ららぽーと富士見)。燃料電池バスの導入は県内で初となる。導入日は西武バスが12月1日、東武バスが12月3日となっている。 ⇒詳細はこちら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る