旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

台風9号、発達し非常に強い勢力に 沖縄本島では「重大な災害が発生するおそれ」

2020年08月31日19時26分 / 提供:TRAICY(トライシー)

大型で強い台風9号は、発達しながら北よりに進み、非常に強い勢力で 9月1日未明から明け方にかけて、沖縄本島地方にかなり接近する見込み。気象庁や地元の気象台は、暴風や高波、高潮、大雨による重大な災害が発生するおそれがあるとして、厳重に警戒するように呼びかけている。 1日にかけて猛烈な風 住家倒壊のおそれも 沖縄本島地方では、台風の接近で風が強まり、波も高まる見込み。台風が最も接近する1日未明から1日明け方にかけて、久米島を中心に最大風速50メートル、最大瞬間風速70メートルの猛烈な風が吹く見込み。一部の住家が倒壊するおそれもある猛烈な風の吹く所がある見込みのため、風が強まる前に頑丈な建物の中に移動するとともに、屋内では窓から離れるなど、暴風に厳重に警戒するよう呼びかけている。 また、沿岸の海域では次第に大しけとなり、9月1日にかけて、沖縄本島地方や宮古島地方では猛烈なしけとなる見込み。うねりを伴う高波に厳重な警戒が必要。 猛烈な雨にも警戒 過去最大級の高潮のおそれ 沖縄本島地方の雨量は、多い所で31日から9月1日は1時間に80ミリの猛烈な雨が降り、2日にかけて大雨となる見込み。予想される24時間雨量は、沖縄本島地方の多い所で1日午後6時までの24時間で400ミリの見込み。土砂災害や低い土地の浸水、河川の増水や氾濫に厳重な警戒が必要。発達した積乱雲の下での落雷や竜巻などの激しい突風による被害が恐る恐れもあり、安全確保を呼びかけている。 また、台風の接近と大潮の時期が重なるため、沖縄本島地方と宮古島地方では、9月1日にかけて潮位が高くなる見込み。特に沖縄本島中南部では、過去最大級の高潮となるおそれがある。海岸や河口付近の低地では高潮による浸水や冠水のおそれがあり、厳重に警戒するよう呼びかけている。 長時間の停電など被害のおそれ

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る