旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

台風9号、非常に強い勢力で沖縄接近へ 航空各社は特別対応、気象庁「不要不急の外出控えて」

2020年08月30日14時50分 / 提供:TRAICY(トライシー)

台風9号は、あす8月31日から9月1日にかけて、非常に強い勢力で沖縄地方に接近する見込みで、沖縄本島、宮古島、石垣島などでは猛烈な風のおそれがある。気象庁は厳重に警戒するよう呼びかけている。 気象庁「不要不急の外出控えて」 気象庁によれば、強い台風9号は、30日12日にはフィリピンの東を1時間におよそ10キロの速さで北北東へ進んでいる。台風9号は発達しながら北上し、31日から1日にかけて非常に強い勢力で沖縄地方に接近する見込み。 沖縄本島、宮古島、八重山の各地方では、31日から強い風や暴風がふき、9月1日にかけて猛烈な風の吹くところがある見込み。一部の電柱が倒壊したり、建物の一部が広範囲に飛散するおそれもある。気象庁は、不要不急の外出を控え、屋内では窓から離れるなど、暴風に厳重に警戒するよう呼びかけている。 各地方では1日の未明から午前中にかけて台風が最接近する。予想される最大風速は、9月1日にかけて、沖縄本島地方、宮古島地方では30〜40メートル、八重山地方では25〜29メートル。最大瞬間風速は、40〜60メートルに達すると予想されている。 なお、台風の進路によっては、大東島地方と与那国島地方や、9月2日の沖縄本島地方も暴風となるおそれがある。 また、沖縄地方では、31日は多いところで1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨となり、9月1日にかけて大雨となる見込み。また、発達した積乱雲での落雷や竜巻などの激しい突風のおそれがあり、警戒・注意を呼びかけている。 そのほか、猛烈なしけや、警報級の高潮のおそれもあるほか、奄美地方でも暴風のおそれがある。2日から3日にかけて西日本に接近するおそれもあるため、気象庁は最新の情報に注意するよう呼びかけている。 航空各社は特別対応

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る