旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

JALグループ、冬スケジュール期間中の国内線便数計画発表 2路線増便など

2020年08月18日15時51分 / 提供:TRAICY(トライシー)

JALグループは、10月25日から2021年3月27日までの冬スケジュール期間中の、国内線の基本便数計画を決定した。 札幌/丘珠〜女満別線を週3便で開設するほか、東京/羽田〜三沢線を1日3便から4便に、沖縄/那覇石垣線を同7.5便から8便にそれぞれ増便する。 東京/羽田〜三沢線は、青森県との共同提案を行った「羽田発着枠政策コンテスト」で発着枠の配分を受けたことから、増便が決まった。東京/羽田〜山形線は1日2便での運航を維持する。 一方で、札幌/丘珠〜三沢線を1日1便から週4便に、鹿児島〜種子島線を同4便から3便に、鹿児島屋久島線を同4〜5便から3〜4便に、鹿児島〜沖永良部線は同3便から2便に、沖縄/那覇〜宮古線を同9.5便から9便に、宮古石垣線を同2.5便から2便に、それぞれ減便する。鹿児島〜種子島・沖永良部線のみ、12月29日から2021年1月5日にかけては対象外となる。 ⇒詳細はこちら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る