旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

マレーシア航空、7月から日本路線の運航再開 国内線・国際線の拡大も

2020年06月10日19時18分 / 提供:TRAICY(トライシー)

マレーシア航空は、国内旅行の解禁と世界各国の渡航制限緩和を受け、6月から7月にかけて、マレーシア国内線の路線を拡大するとともに、国際線の運航を一部再開する。 日本路線では7月に、東京/成田大阪/関西~クアラルンプール線で週2便の運航を再開する。同月中、東京/成田~クアラルンプール線は8往復、大阪/関西~クアラルンプール線は9往復を運航する。 そのほかの路線は、クアラルンプール発着の国際線では7月に、シンガポールへ週5便、ジャカルタ・バンコクへ週4便、マニラへ週3便、ダッカ・カトマンズ・ロンドン・ソウル/仁川・香港・パース・デンパサール・プーケットとカンボジア各都市へ週2便、シドニーとメルボルンへ最大週2便、チェンナイ・ハイデラバード・ムンバイ・バンガロール・デリー・コーチ・台北/桃園・広州・アデレード・ブリスベン・スラバヤとスリランカ各都市へ週1便を運航する。 クアラルンプール発着のマレーシア国内線は6月と7月に、クチンへ最大週5便、ペナンへ週3便、アロースター・ジョホールバル・コタバル・ランカウイ・トレンガヌ・ラブアン・ミリ・サンダカン・カワウへ週2便、クアンタン・ビントゥル・シブへ週1便運航する。 ⇒詳細はこちら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る