旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

エールフランス航空、エアバスA380型機9機を退役 コロナ影響で計画前倒し

2020年05月21日08時42分 / 提供:TRAICY(トライシー)

エールフランスKLMグループは、エールフランス航空が運航するエアバスA380型機の退役を早めると発表した。 当初は2022年までに段階的に退役させることを予定していたものの、新型コロナウイルスの感染拡大により早めることを決めた。運航機材数は9機で、5機はエールフランス航空が所有し、4機はリースで導入している。環境負荷を大幅に低減した、エアバスA350型機やボーイング787型機などの新型機に置き換えることで、競争力を高めることを目的としている。 エールフランス航空では現在、供給量を通常の3%から5%に大幅に削減しており、旅行需要の回復とともに、6月末までに15%まで増やすことを計画している。これにより保有する224機のうち、75機のみが稼働することになるものの、超大型機を運航するまで需要が回復するには、時間がかかると判断したとみられる。 退役に伴う費用5億ユーロは、2020年第2四半期にも計上を予定している。 ⇒詳細はこちら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る