旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ANA、整備士の安全体感教育にVR導入 転倒や転落を疑似体験

2020年03月03日12時36分 / 提供:TRAICY(トライシー)

全日本空輸(ANA)は、整備士向けの安全体感教育に、VRを活用した訓練「ANA VR Safety Training System」を導入した。 整備士が安全に作業を行うための危険予知能力向上を目的とした訓練である、安全体感教育の一つとして取り入れるもので、VRを活用して危険なポイントや実際に危険な行動をとった時に起こりうる事象を疑似的に体験できる。航空機整備の環境や過去の労働災害事例を踏まえてコンテンツを作成しており、格納庫内の整備作業を再現した。 受講者は、ナレーションの説明に従い、安全の基本動作をこなしながら危険予知を実施する。危険を見逃して次の動作に移ったり、安全の動作手順を間違えた場合には、VRの中で受講者本人が転倒や転落を体感するとともに、受講者がなぜ転倒や転落に至ったかの説明がなされる。 安全体感教育は、2012年から実施しており、高所からの墜落衝撃体感や整備作業におけるゴーグルの重要性体感などの科目があるという。 ⇒詳細はこちら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る