旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ニュージーランド航空、オークランドのリージョナルラウンジを移転オープン 座席数は3倍に

2019年11月20日18時30分 / 提供:TRAICY(トライシー)

ニュージーランド航空は、オークランド国際空港のリージョナルラウンジを移転オープンした。 国内線ターミナル1階、旧ラウンジの上に位置し、滑走路を眺めることができる。これまでの3倍にあたる、最大で265人を収容する。バー・バリスタ、ビュッフェ、軽食、セルフサービスのドリンクステーション、ビジネスゾーン、クワイエットゾーンを設けた。 新しいバレーサービスエリアもプロジェクトの一環として建設されており、ドロップオフゾーンからラウンジや搭乗口へ簡単に移動できるようになった。 ニュージーランド航空では、6,000万ニュージーランド・ドルを投資し、ニュージーランド国内でラウンジの新設や改修を進めている。オークランドとウエリントンでは既存ラウンジを改修するほか、ネストンとニュープリマスではラウンジを新設する。 ⇒詳細はこちら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る