旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

エールフランスKLM、ノートルダム大聖堂の火災で輸送協力 寄付できるシステムも稼働へ

2019年04月17日21時22分 / 提供:TRAICY(トライシー)

エールフランスKLMは、パリ・ノートルダム大聖堂の火災を受け、修復作業に公式に参加する全てのスタッフの渡航に無償で協力する。 エールフランスKLMのベンジャミン・スミス代表取締役会長、エールフランスKLMのアンヌ-マリー・クーデル社長、エールフランス航空のアンヌ・リガリ代表取締役社長は協議の上で決定した。また、利用者が自主的に修復作業の資金として寄付できるオンラインシステムも稼働させる。 エールフランスKLMは、エールフランス航空とKLMオランダ航空を傘下に持つ、持株会社。 ⇒詳細はこちら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る