旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ANA、ホノルル線で提供する「bills」とコラボ機内食を公開

2019年04月16日14時31分 / 提供:TRAICY(トライシー)

全日本空輸(ANA)とサニーサイドアップは、5月24日よりエアバスA380型機が就航するホノルル線のエコノミークラスで提供する、シドニー発のオールデイダイニング「bills(ビルズ)」とコラボレーションした機内食を公開した。 ANAでは、幅広い世代に認知され、お互いに顧客層が一致することや、機内からワクワク感を提供できること、様々な年代の人から美味しいと思ってもらえるものなどからbillsとのコラボレーションを決めた。フライトは日本を夜に出発し、ホノルルには日本時間午前3時から4時に到着することから、離陸後すぐにすばやく提供できるものにした。 5月から8月までと12月から2020年2月まで提供するのは、メインは「ポークシュニッツェル - マッシュポテト、ポーチドエッグ、パセリとケッパーバターを添えて」、サイドメニューは「ジャスミンティースモークサーモン、胡瓜のピクルスと枝豆のサラダ」と「味噌でマリネした茄子のソテー、ケールとレタス、トマト、豆腐のサラダ」。 「ポークシュニッツェル - マッシュポテト、ポーチドエッグ、パセリとケッパーバターを添えて」は、billsで人気メニューであるシュニッツェルを特別にアレンジしたもので、パセリとケッパーを加え、バターとロースとレモンを添えた。「ジャスミンティースモークサーモン、胡瓜のピクルスと枝豆のサラダ」は、ジャスミンティーでマリネしたスモークサーモンをふんだんに使用。「味噌でマリネした茄子のソテー、ケールとレタス、トマト、豆腐のサラダ」は、billsが日本の食文化にインスピレーションを受けていることをメニューで、ANAの機内食開発テクニックを存分に活かして開発した。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る