旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

シンガポール航空、東京/成田線に4月28日からエアバスA380型機投入を正式発表 7月に新仕様に

2019年01月15日14時59分 / 提供:TRAICY(トライシー)

シンガポール航空は4月28日より、東京/成田〜シンガポール線にエアバスA380型機を投入すると発表した。7月からは、機内プロダクトを刷新した機材に変更する。 当初運航する機材は、スイート12席、ビジネスクラス60席、プレミアムエコノミークラス36席、エコノミークラス333席を設置している。 新プロダクトを搭載した機材は、2017年12月18日より運航を開始。スイート6席、ビジネスクラス78席をアッパーデッキ、プレミアムエコノミークラス44席、エコノミークラス343席をメインデッキに配置している。スイートには座席のほかフルフラットベッドも個別に完備している。 エアバスA380型機の投入で、これまでのボーイング787-10型機と比較して供給座席数は約40%増加する。 ■ダイヤ SQ637 東京/成田(11:10)〜シンガポール(17:20) SQ638 シンガポール(23:55)〜東京/成田(08:00+1) ⇒詳細はこちら

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る