旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

JR東日本、中央線特急を来年3月16日から刷新 河口湖直通や通勤客向け特急設定

2018年12月15日11時33分 / 提供:TRAICY(トライシー)

JR東日本は、2019年3月16日に行うダイヤ改正にあわせ、中央線特急を全面的に刷新する。 首都圏と中央線の主要駅を結ぶ特急「あずさ」「かいじ」は、新型車両E353系に統一する。また、停車駅を見直し、所要時間を短縮する。上り「あずさ12号」は松本新宿間を最速2時間23分で結ぶ。なお、「スーパーあずさ」の列車愛称を取りやめ、一部の臨時列車はE257系で運行する。 新宿駅河口湖駅富士急行線)を結ぶ特急「富士回遊」を新たに毎日2往復設定する。上り「富士回遊20号」は河口湖~新宿間を最短1時間49分で結ぶ。なお、新宿~大月間は特急「かいじ」と併結して運転し、一部臨時列車はE257系で運行する。 通勤客向けの列車として、新たに特急「はちおうじ」(東京八王子)及び「おうめ」(東京青梅)を平日の朝・夜時間帯にE353系で運転を開始する。これに伴い、「中央ライナー」と「青梅ライナー」は運転を取り止める。運転時刻は概ね従来の「中央ライナー」と「青梅ライナー」の通り。 また、これらの特急「あずさ」「かいじ」「富士回遊」「はちおうじ」「おうめ」にて普通車で事前に座席指定が可能となるほか、座席の指定を受けなくても空席を利用できる新たな着席サービスを導入する。また、「えきねっとチケットレスサービス」が利用できるようになる。 ■関連記事 中央線特急「あずさ」「かいじ」、全車指定席に 特急料金も一新

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る