旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

5-Days(ファイブデイズ)が、広島市こども文化科学館・こども図書館の命名権獲得

2017年08月28日07時00分 / 提供:広島ニュース 食べタインジャー

広島市の命名権導入(ネーミングライツ)により、広島市こども文化科学館広島市こども図書館 2つの施設名が変更となります。

2017年9月1日からの新しい名称は、「5-Daysこども文化科学館」および「5-Daysこども図書館」となります。

こども文化科学館

こども文化科学館/こども図書館 2つの施設の命名権を取得したのは、広島県をはじめ東京福岡などにも塾を構える「毎日個別塾5-Days(ファイブデイズ)」運営の株式会社5コーポレーション。

このふたつの施設命名権を取得した理由として5コーポレーションは
こども文化科学館、こども図書館は、所在地におきまして永年子供達の「自学・自習」を支えられております。この度、弊社の指導理念と相通じるところがあると考え、命名権契約を締結させていただくこととなりました。今後も、無限の可能性を持つこどもたちへの教育を通じて、地域社会に貢献してまいります。
と発表しています。

施設名(呼称)が変更になるのは2017年9月1日より3年間。変更となるのは施設名のみで、運営内容はこれまで通り。
広島市内、様々な施設で命名権が導入されています
広島市では施設の管理運営などの経費の財源を確保するために公共施設の命名権取得者を募集。

これまで、マツダスタジアム(MAZDA Zoom-Zoomスタジアム)/JMSアステールプラザなどを含み、以下のような施設が命名権を取得されています。
MAZDA Zoom-Zoom スタジアム広島 広島市民球場の命名権、マツダ株式会社が取得
エディオンスタジアム広島 広島広域公園陸上競技場の命名権、株式会社エディオンが取得
JMSアステールプラザ アステールプラザの命名権、株式会社ジェイ・エム・エスが取得
合人社ウェンディ ひと・まちプラザ まちづくり市民交流プラザの命名権、株式会社合人社計画研究所が取得
ヌマジ交通ミュージアム 交通科学館の命名権、株式会社アフィス(沼田自動車学校)が取得
ひろしんビッグウェーブ 広島市総合屋内プールの命名権、広島信用金庫が取得
広島翔洋テニスコート 広島市中央庭球場の命名権、学校法人白鳩学園が取得
マエダハウジング東区スポーツセンター 広島市東区スポーツセンターの命名権、株式会社マエダハウジングが取得
広島文化学園HBGホール 広島市文化交流会館ホールの命名権、学校法人広島文化学園が取得

それぞれに契約期間は異なりますが、原則3年以上の契約。このほか、広島市内の各区の図書館やスポーツセンターなど、現在60以上の命名権取得者が公募されています。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る