旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

近鉄、MaaSアプリ「ぶらりすと」2回目の実証実験を志摩地域で実施

2019年12月31日16時03分 / 提供:マイナビニュース/旅行

近鉄グループホールディングスは、観光地型MaaS専用アプリ「ぶらりすと」の実証実験を志摩地域で1月9日から3月31日まで実施すると発表した。

今年10~11月に実施した1回目の「ぶらりすと」の実証実験では、近鉄の特急停車駅(鵜方駅賢島駅)と周辺観光地を結ぶバス、タクシー、マリンキャブ(海上タクシー)のオンデマンド交通、ウェブサイト上の経路検索と予約システムなど、二次交通手段の構築を中心に実施。「新規路線の運行を開始したオンデマンドバスを中心に、新たなニーズを把握することができた」としている。

1月から行う2回目の実証実験では、オンデマンド交通の検索・予約に加え、決済までシームレスなサービスを提供する。日本語・英語の2カ国語対応により、国内外のどこからでも事前に旅行の目的地予約と交通手段の確保、決済まで、「ぶらりすと」で完結できるようになるという。

アプリ上で購入できる「伊勢鳥羽志摩デジタルフリーパス」や着地型旅行商品も発売。システムに関する技術的検証と運用上の課題抽出を行い、伊勢志摩エリア全域でのサービス提供をめざす。アプリのリリースは1月8日の予定。利用料金は無料で、アプリ内課金あり。期間中8,000件のダウンロードを想定している。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る