旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

職人技の量産に挑戦! 本拠地・広島の工場で見たマツダの生産技術

2019年12月17日11時30分 / 提供:マイナビニュース/旅行

今、日本車の中で最もスタイリッシュとの評価が高いマツダ。他の自動車メーカーからも、「マツダのクルマはいいね」との声が聞こえてくる。そのマツダは今年、新世代商品群(マツダは「第7世代商品群」と呼ぶ)として「MAZDA3」(国内旧車名:アクセラ)と新型SUV「CX-30」を市場投入した。

新世代商品群でマツダは、第7世代アーキテクチャーとしてクルマの細部まで作り込みを図った。その中でも特に、2012年発売の「CX-5」「アテンザ」(現行モデルは「MAZDA6」に改称)で導入した“魂動デザイン”を深化させた。車体全体がひとつの面のように造形されたマツダ車は、ひときわ異彩を放っている。

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る