旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

相鉄・JR直通線開業で11/30ダイヤ改正、埼京線直通は朝の上下各6本

2019年09月06日18時02分 / 提供:マイナビニュース/旅行

相模鉄道とJR東日本は6日、相鉄・JR直通線開業にともない11月30日に実施するダイヤ改正の概要を発表した。平日・土休日ともに新宿海老名間で上下各46本の列車が設定され、朝の上下各6本が埼京線の武蔵浦和大宮方面へ直通する。

相鉄・JR直通線は11月30日に開業。おもに相鉄海老名駅からJR線新宿駅までの区間で相互直通運転を行い、相鉄線内は特急(海老名駅・大和駅・二俣川駅西谷駅・羽沢横浜国大駅に停車)または各停として運転。両種別ともJR線内では武蔵小杉駅西大井駅大崎駅恵比寿駅渋谷駅新宿駅に停車する。JR東日本は埼京線などで活躍するE233系10両編成、相模鉄道相鉄・JR直通線用車両12000系10両編成を使用。12000系は通常時、相鉄線内から新宿駅までの区間で運転されるという。

平日の上りは始発列車が海老名駅5時43分発・新宿駅6時44分着(特急)。その後は海老名駅8時12分発まで、9本すべて特急で運転される。これら9本のうち、海老名駅6時31分発(川越行)・6時48分発(武蔵浦和行)・7時7分発(大宮行)・7時24分発(大宮行)・7時40分発(川越行)・7時55分発(赤羽行)の6本は新宿駅から先、埼京線へ直通運転を行う。

また、海老名駅6時31分発・6時48分発・7時7分発・7時24分発・7時40分発・7時55分発・8時12分発の特急、同駅8時19分発・8時31分発の各停において、最後部の車両(10号車)を女性専用車とする。平日の上りは日中、9~14時台にかけて各停と特急を交互に運転。15時台以降の各停は4本のみ、他は最終列車まで特急として運転される。

平日の下りは始発列車が新宿駅6時58分発・海老名駅8時5分着(特急)。埼京線からの直通列車は朝7~8時台にかけて6本設定され、うち5本が武蔵浦和発、残り1本が指扇発とされた。日中時間帯はおおむね16時台まで特急・各停が交互に運転されるダイヤとなり、その後は深夜まで特急を運転。最終列車のみ各停となり、新宿駅23時14分発・海老名駅0時26分着で運転される。平日における種別ごとの本数は上りが特急32本・各停14本、下りが特急33本・各停13本となった。

土休日は上りの始発列車が海老名駅5時43分発・新宿駅6時44分着(特急)、下りの始発列車が新宿駅6時58分発・海老名駅8時13分着(各停)。上りは特急23本・各停23本、下りは特急25本・各停21本が運転され、平日と同様、朝の時間帯に新宿駅から埼京線へ直通する列車が上下各6本設定されている。夕方の時間帯は上り・下りともに各停が中心、夜間の下りは特急が中心のダイヤに。上りの最終列車は海老名駅22時11分発・新宿駅23時9分着(特急)、下りの最終列車は新宿駅23時14分発・海老名駅0時30分着(各停)となっている。

なお、相鉄・JR直通線の開業にともない、東海道線で朝通勤時間帯に運転される「湘南ライナー」のうち、現行の「湘南ライナー8・10号」を統合。ダイヤ改正後は小田原駅7時20分発・東京駅8時48分着の「湘南ライナー8号」として運転される。

相鉄線ではダイヤ改正後、新種別となる通勤特急・通勤急行を平日朝ラッシュ時間帯に導入。おもにいずみ野線から横浜方面へ運転され、通勤特急は湘南台駅いずみ野駅二俣川駅鶴ヶ峰駅西谷駅横浜駅に停車し、通勤急行は湘南台駅から西谷駅まで各駅に停車する。海老名駅からの通勤急行も一部運転されるとのこと。湘南台駅7時3分発・7時18分発・7時33分発・7時48分発の通勤急行、同駅7時27分発・7時42分発・7時57分発・8時15分発の通勤特急は二俣川駅(一部列車は西谷駅)にて、海老名駅からJR線へ直通する列車と同一ホームで乗換え可能とされている。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る