旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

阪急電鉄「Hankyu Densha」シリーズと関西学院のコラボ限定グッズ

2019年03月21日21時49分 / 提供:マイナビニュース/旅行

阪急電鉄はこのほど、阪急電車グッズ「Hankyu Densha」シリーズと関西学院のコラボレーションによる限定グッズを発売した。

今回のコラボは、関西学院西宮北口駅に隣接する「阪急西宮ガーデンズ ゲート館」内に、4月1日から新キャンパス「関西学院大学西宮北口キャンパス」が開設されることを記念し、実施される。限定グッズのデザインは、新キャンパスの最寄り駅である西宮北口駅を中心とした路線図や、関西学院西宮上ケ原キャンパスのシンボルである時計台と中央芝生に、関西学院のイメージカラーである「関学ブルー」の夜空の下を走る電車を組み合わせるなど、阪急電鉄関西学院をイメージしたものとなっている。

限定グッズは実用的なステーショナリーを中心とした全13アイテムのラインナップに。「ボールペン」(324円)、「シャープペンシル」(324円)、「手ぬぐい」(540円)、「消しゴム(切符)」(162円)、「消しゴム(看板)」(162円)、「マスキングテープ(風景)」(378円)、「マスキングテープ(アイコン)」(378円)、「マスキングテープ(楽譜)」(378円)、「クリアファイル」(216円)、「くるみメモ」(378円)、「リングノート(風景)」(540円)、「リングノート(路線図)」(540円)、「ふせん」(540円)を販売する(価格はすべて税込)。

「アズナス」2店舗(西宮北口店・逆瀬川店)、「アズナスexp」3店舗(西宮北口店・仁川店・宝塚店)、「アズナスexp-b」2店舗(門戸厄神店・甲東園店)、「カラーフィールド」2店舗(西宮北口店・宝塚店)、「アドレス」(西宮北口店)をはじめ、関西学院大学キャンパス内の生活協同組合各店舗でも販売。数量限定のため、売り切れ次第終了となる。

阪急電車グッズ「Hankyu Densha」シリーズは2016年9月から販売しており、阪急電車の車体色として親しまれているマルーンカラーを基調にとしたやわらかくポップなイラストで仕上げ、阪急沿線各地の風景イメージを用いたオリジナルグッズとなっている。「アズナス」「アズナスエクスプレス」「カラーフィールド」などの店舗で取り扱っている。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る