旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

多摩都市モノレール「開業以来初」全面的ダイヤ改正を3/23実施へ

2019年03月05日23時30分 / 提供:マイナビニュース/旅行

多摩都市モノレールは3月23日、開業以来初という全面的なダイヤ改正を実施する。同社は、2018年11月27日から2020年1月10日までの期間を開業20周年記念特別期間と位置づけ、より利用しやすく、より地域に愛される公共交通機関をめざし、各種サービス向上施策に取り組んでおり、今回のダイヤ改正はその目玉のひとつとして行われる。

ダイヤ改正では利用者からの要望が最も多かった始発・終電時間の見直しを行うほか、沿線開発の進展にともなう乗車人員増による平日の通勤・通学時間帯の遅延防止、土休日の買い物や外出の際の利便性向上などを行うことにより、さらに利用しやすいダイヤをめざすという。「始発時間の繰り上げ・終電時間の繰り下げ」「平日通勤・通学時間帯の運転間隔調整」「土休日の運転本数増」をダイヤ改正のポイントに挙げる。

「始発時間の繰り上げ・終電時間の繰り下げ」では、多摩センター行の初電車の最大28分繰上げ、上北台駅行の最終電車の最大20分繰下げを実施。これにより、早朝はより早く都心に到着できるようになり、夜間はより遅くまで都心に滞在することが可能となる。

「平日通勤・通学時間帯の運転間隔調整」では、乗降の多い主要駅の停車時間を実状に合わせて延長するほか、沿線大学の通学時間帯を中心に運転間隔を調整する。これにより、遅延の解消が図られるとのこと。「土休日の運転本数増」では、日中時間帯の運転間隔を10分から9分に短縮(終日で23本増)。買い物や外出の際の利便性向上を図るとしている。

利用客への告知として、3月1日から沿線情報誌たまもの「ダイヤ改正増刊号」を各駅で配布したほか、3月上旬に全駅の時刻表を当社ホームページに掲載。同時期に各駅で改正時刻表を掲示し、ポケット時刻表も配布する。

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

地域カテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る