旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」が「日本キャラクター大賞2021」グランプリ!「予想されていた方も多いと思う」ほどの圧勝

2021年04月16日04時57分 / 提供:ニュースラウンジ

グランプリは「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」

 2020年における国内最高のライセンスブランドとキャラクターを表彰する「日本キャラクター大賞2021」の表彰式が14日、東京ビッグサイトで行われ、「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」がグランプリに選ばれた。

 ちなみに、昨年は『TVアニメ「鬼滅の刃」』がグランプリを受賞しており、「鬼滅の刃」が2年連続受賞となった。

 選定委員を務めた株式会社キャラクター・データバンクの陸川和夫社長が、「予想されていた方も多いと思うのですが、圧倒的に鬼滅でした」と、苦笑い交じりにいうほど、会場も同意の笑み。

 製作会社のアニプレックスの担当者はグランプリの受賞に、「いろんなジャンルの企業様にライセンシー様に支えられてこのような賞を受賞できたと思います。鬼滅愛が高くて『5回観ました』『7回観ました』というお声をいただき、たくさんの回数をご覧いただいたからこその企画というのを提案いただきました。我々としても楽しいライセンスのお仕事をさせていただいております」と、感謝を述べる。

 続いて、「今年は2021年TVアニメ『鬼滅の刃 遊郭篇』の発表もしておりますので、引き続き世の中に『鬼滅の刃』を届けていけるように精進して参ります。これからも作品に寄り添った、作品に真摯に向き合っていただきつつ、キャラクターたちの商品を世の中に届けていければと思っております」と、意欲を語った。

 同賞は、ライセンス産業の価値の発信、および業界の健全な発展の寄与を目的として、2009年に創設された。今年で12回目を迎えたキャラクターおよびライセンスビジネス業界のアワード。

 ■日本キャラクター大賞2021受賞一覧

 ●グランプリ
 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」
 [劇場版「鬼滅の刃」無限列車編製作委員会]

 ●キャラクター・ライセンス賞

 「劇場版『鬼滅の刃』無限列車編」
 [劇場版「鬼滅の刃」無限列車編製作委員会]
 【授賞理由】2019年の勢いをそのままに20年を象徴するヒット作品となり、キャラクター市場を牽引した功績は大きい。コロナ禍にも関わらず国内興行収入で新記録を樹立し、商品化やタイアップなどの展開も群を抜いていた。幅広いターゲットに支持され、社会現象まで巻き起こし、20年を席巻したコンテンツといえる。

 「ディズニー ツイステッドワンダーランド
 [ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社]
 【授賞理由】「ディズニーヴィランズ」に焦点を当てた展開が秀逸で、新しいファン層の取り込みに成功。作り込まれた世界観や魅力的なキャラクターなど高いゲーム性も支持を得て、リリースから1年でしっかり実績に結び付けた。今後の展開が楽しみな、期待値の高いコンテンツだ。

 「TVアニメ『呪術廻戦』」
 [呪術廻戦製作委員会]
 【授賞理由】原作の人気もさることながら、テレビアニメ化でさらにファン層が拡大し人気も急上昇。個性豊かな登場キャラクターやかっこいいバトルシーンなど、多くの人を惹き込んでいる。大きな伸びしろを感じさせるコンテンツで、今冬には映画公開も控えており、今後の動向に注目が集まっている。

 ●ニューフェイス賞

 「クマーバチャンネル」
 [(株)Kumarba]
 【授賞理由】競合が多いYouTubeに真正面から挑戦し、新しい未就学児向けコンテンツとして着実に地位を確立してきている。キャラクターの親しみやすさに好感が持て、今後YouTube以外への広がりにも高い期待が寄せられている。

 ●プロダクト・ライセンシー賞
 
「キャラクター30枚入BOXマスク」
 [横井定株式会社/日本マスク®]
 【授賞理由】2020年という年を反映し、新しい消費の可能性を提示した好例。ネガティブになりがちな20年だったが、マスクを楽しいものに変える試みが素晴らしい。新しいキャラクターの楽しみ方、日本らしいマスク文化の進化を感じさせた。

 ●プロモーション・ライセンシー賞

 「クレヨンしんちゃん×クラフトボス」
 [サントリー食品インターナショナル株式会社]
 【授賞理由】意外性のある組み合わせだが商品ともうまくマッチしており、「父・ひろし」にスポットを当てた点が新鮮だった。心に響く作り込まれたストーリーは秀逸で、動画のクオリティと共感性が高く、キャラクターの世界観を大切にした素晴らしいプロモーションだった。

 ●リテイル賞

 「miffy style」
 [株式会社キデイランド]
 【授賞理由】長年愛されているキャラクターだからこそ、常に新しい施策や鮮度を落とさない売場作りを行い、新しいキャラクターの魅力を伝えるショップとして成長を続けている。充実した商品のラインアップも含め、定番キャラクターの専門ショップとして、1つの回答を示している。

 ●選定委員特別賞

 「機動戦士ガンダムシリーズ」
 [株式会社サンライズ株式会社創通]
 【授賞理由】“動くガンダム”を体感できる施設「GUNDAM FACTORY YOKOHAMA」のオープンは、社会的にも大きな話題に。また、20年は「ガンプラ」が40周年を迎え、巣ごもり消費も相まって好調だった。40年を超える長い歴史がありながらも、常に新しさを打ち出す企画が豊富で高い評価を得た。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る