旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

ヴォーグとCFDAが米アマゾンと協業、コロナ打撃を受けた中小ブランドに販路を提供

2020年05月15日14時26分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 「ヴォーグ(VOGUE)」と米国ファッション協議会(以下、CFDA)が、米アマゾン(Amazon)とパートナーシップを締結し、新型コロナウイルス感染拡大で影響を受けたファッション業界を支援するプロジェクト「A Common Thread」を立ち上げた。
 プロジェクトは、新型コロナウイルスの感染拡大により百貨店やブティックを通しての販売が困難になった米中小ファッション企業の経営維持を支援するために始動。企業には、アマゾンのサイト内で商品を販売する機会を提供する。商品を販売する企業やデザイナーは、出品商品の選定と価格設定を自ら行うことができる。既に「バットシェバ(BATSHEVA)」「10 クロスビー・デレク ラム(10 Crosby DEREK ...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る