旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

博報堂が未来創造のためのプラットフォーム開設、社会の課題解決に貢献

2019年12月16日22時36分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 博報堂が、様々な人や企業とともに、社会的な課題の解決に向けてクリエイティビティについて研究するソーシャルラーニングプラットフォーム「ユニバーシティ・オブ・クリエイティビティ(UNIVERSITY of CREATIVITY)」(以下、UoC)を2020年春に開設すると発表した。場所は同社の本社が入居する赤坂Bizタワー23階に展開する。 【あわせて読みたい】東京をパリやミラノなどに次ぐ"ファッション都市"に、都が支援する「東京クリエイティブサロン」が初開催
 博報堂は、人工知能やビッグデータ、スマートフォンの普及による社会のデジタル化、機械化が加速する現代だからこそ「人類が持つクリエイティビティの意義と可能性」を捉え直す必要があると分析。クリエイティビティを「未来創造の技術」と捉え、広告業界を超えて社会全体に活用していくためにUoCの開設を決めたといい、包括的に議論と研究を進めることで社会の課題解決に役立てるという。  UoCは学生や社会人などの垣根...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る