旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

浮世絵を通して江戸時代の化粧と髪型を紹介、ポーラ文化研究所がパリで展覧会を開催

2020年10月05日16時30分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
ポーラ文化研究所が、展覧会「美の秘密―浮世絵に見る江戸時代の化粧と髪型」をパリ日本文化会館で開催する。会期は前後期制で、前期は10月7日から11月28日まで、後期は12月3日から2021年2月6日まで。
同展では、これまでフランスで包括的に紹介されたことがなかったという「江戸時代の化粧風俗」をテーマに、浮世絵150点と化粧道具約60点を展示。日本の美意識や歴史への理解を深め、日仏文化交流の促進を目指す。会場は4章構成で展開し、第1章は「化粧の情景―白・黒・赤の粧い」をテーマに、白粉化粧やお歯黒と眉墨の社会的な意味、口紅の流行を紹介する。2章の「髪化粧の情景―日本髪と髪飾り」は女性の身分や年齢を表...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る