旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

上場アパレル企業12月の月次売上、19社が前年割れ コロナ第3波が年末商戦に影響

2021年01月22日21時23分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
帝国データバンクが、アパレル上場企業(または上場グループ中核企業)24社の2020年12月の月次売上高調査結果を発表した。西松屋チェーンワークマン、TOKYO BASE、しまむら、ファーストリテイリングの5社を除く19社が、前年同月の売上高を下回った。コックスは9月から11月まで前年同月を上回っていたが、12月は減少に転じた。
帝国データバンクによると12月後半は気温が低下したため、アウターなどの冬物商品が好調となった側面もあったが、新型コロナウイルスの第3波による外出自粛が年末商戦の売り上げに影響した。前年同月を下回った19社のうち、TSIホールディングス、ワールド、はるやまホールディングス、マックハウス、三陽商会、ナルミヤ・インターナショナルの6社は、アウターの売れ行きやECでの販売などが好調だったことで前月から減...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る