旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

10匣のMr.Piguがディレクションを担当、明治神宮前にストリートカルチャーとアートを融合した床屋がオープン

2019年03月20日15時36分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 明治神宮前に、「テンボックス(10匣)」を手掛けるMr.Piguがディレクションした床屋「タケシズBARBER」が3月28日にオープンする。カットサービスやオリジナルグッズの販売を通じて、独自のカルチャーを発信していく。
 店舗の運営を手掛けるのは、複数のバーバーのオーナーを務める理容師のタケシ。Mr.Piguによるディレクションのもと、店内の天井画やロゴデザインをグラフィックデザイナー兼アーティストのTEITO、空間設計を3人組のVMDチーム モブ®がそれぞれ担当し、"おじいちゃんの古き良き床屋"のイメージとストリートカルチャーやアートを融合した店舗に仕上げるという。  出店先は、原宿キャットストリートのほど近く...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る