旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

熊谷隆志の実家が営む鈴木盛久工房、十五代盛久が10年ぶりの個展開催

2020年01月14日13時59分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 スタイリスト熊谷隆志の実家が営む南部鉄器の鈴木盛久工房 十五代当主の熊谷志衣子が、10年ぶりの個展「鈴木盛久 銀瓶の世界展」を日本橋三越本店本館6階美術特選画廊で開催する。会期は1月15日から20日まで。
 鈴木盛久工房は南部藩の御用鋳物師として召し抱えられ、代々仏具や梵鐘などを鋳造してきた。熊谷志衣子は1946年に東京藝術大学教授の鈴木貫爾(十四代盛久)氏の長女として生まれ、1967年に武蔵野美術短期大学工芸工業デザイン科を卒業。1987年に鈴木盛久工房で鋳金工芸を始め、1993年に十五代盛久を襲名した。女性らしい繊細な感覚と意匠を投影した作品は、多くの愛好家の熱い支持を得ている。主な受賞歴は第1...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る