旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

手話が共通言語のスタバが国立市にオープン、筆談や指差しで注文可能

2020年06月24日14時48分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 スターバックス コーヒー ジャパンが、手話を共通言語に採用した国内初のサイニングストア「スターバックス コーヒー nonowa国立店」を6月27日にオープンする。
 同社は、聴覚に障がいのある従業員を中心に、主なコミュニケーション手段として手話を採用したサイニングストアをマレーシアで2店舗、アメリカで1店舗、中国で1店舗の計4店舗営業。これまで聴覚に障がいのあるパートナーによる活動として、パートナーが自主的に企画・運営する「手話カフェ」や「手話によるコーヒーセミナー」を実施してきた。国内でも聴覚に障がいのあるパートナーから「自分たちでお店をやってみたい」とい...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る