旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

現代美術作家ソフィ・カルの展覧会が原美術館で開催、自身の失恋体験を作品に

2018年12月30日17時00分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 原美術館で、女性現代美術作家のソフィ・カル(Sophie Calle)の展覧会「『ソフィ カル―限局性激痛』原美術館コレクションより」が開催される。会期は2019年1月5日から3月28日まで。
 同展は19年前に原美術館で開催し、反響を呼んだソフィ・カルによる個展「限局性激痛」の再現展。日本の美術館におけるカルの初の個展として開催され、会期終了後には全出品作品が原美術館コレクションに追加された。「限局性激痛」は医学用語で身体部位を襲う狭い範囲の鋭い痛みや苦しみを意味し、今回の展覧会ではカル自身の失恋体験による痛みと治癒を写真と文章で表現した作品が並ぶ。最愛の人への手紙や写真て...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る