旬のトピック、最新ニュースのマピオンニュース。地図の確認も。

工藤司手掛ける「スドーク」が初のプレゼンテーション、幾重にも着込んだ服で"反復性"を意識

2019年03月30日14時12分 / 提供:Fashionsnap.com

【画像を拡大】
 工藤司が手掛けるウィメンズブランド「スドーク(soduk)」が3月29日、現代美術家の玉山拓郎とコラボレーションし、ブランド初となるプレゼンテーションを開催した。
 プレゼンテーションは、再開発が進む日本橋堀留町の工事中のビルを舞台に若手アーティスト4人が作品を展示するグループ展「TACKING CITY NIHONBASHI」の一環として開催。出展者の1人の玉山は、パイプ剥き出しのインダストリアルなスペースに、オレンジとグリーンの蛍光灯や鏡が自動回転し続けるオブジェ、ビニールのカーテンなどを設置し、非日常感の漂う空間作品を作り上げた。  プロップから音楽、...

続きを読む ]

このエントリーをはてなブックマークに追加

関連してるっぽい地図

あなたにおすすめの記事

関連記事

エンタメカテゴリのその他の記事

マピオンニュース ページ上部へ戻る